香住の香住カニとは、紅ズワイガニの中でも、兵庫県の但馬地区の香住漁港のみで水揚げされた紅ズワイガニを指す呼び名で、白いタグが付けられているのが特徴です。 香住漁港では松葉ガニだけではなく、紅ズワイガニも多く水揚げされています。 たくさん水揚げされた紅ズワイガニの中で、厳しい基準をクリアした上質なカニだけが香住ガニというブランド名で呼ばれるのです。 一般的な紅ズワイガニは、松葉ガニと比べると水っぽくて味が劣るために、市場での評価があまり良くありません。 けれど、香住漁港で水揚げされる紅ズワイガニは、日帰り漁が行われていることもあり、甘くてジューシーな身のカニとして高く評価されています。 香住カニは松葉ガニと比べるとやや小さめですが、その味は松葉ガニに匹敵するくらいおいしくて、香住カニの方が好きだという人も少なくありません。 それに、ブランドガニとはいっても、松葉ガニよりもリーズナブルな価格なので、たっぷりと堪能できます。 さらに、松葉ガニの解禁日が11月からなのに対して、香住ガニは9月から解禁となっているため、松葉ガニよりも早く冬の味覚が楽しめ、また長く食べることができるのです。